Site Overlay

桜花賞回顧と次回予告


クラシック1戦目の桜花賞が開催され予想の方はと…
相手筆頭のソダシ。
軸馬筆頭、サトノレイナス。
相手候補2位ファインルージュでの決着。
穴候補までまわらなかった桜花賞でした。
レース自体はハイペースでソダシが主導権を握るレースでしたね。強い!
ただ軸馬筆頭にしていたサトノレイナスも伸びていましたので距離がもう少しあればひょっとしたらのレースでもありました。
負けて強しでディープ産駒らしい走りを見せてくれましたね。
にしてもソダシというかクロフネ…先週のレイパパレに母父として今回のソダシに種牡馬として頑強さと安定感を伝えているように思えます。
そしてファインルージュ。
キズナ産駒ですね。
私の出資馬がいるクラブでも人気の種牡馬ですが…良いレースしてました。ダートが良いとかパワー寄りだとの噂も聞きますがスピードもあって良いかなと。
もちろん馬体と気性が良いからレースで対応出来るというのもありますが…全ての馬に言える事なんですけどね…。
そんな仔達で決した桜花賞。
全馬お疲れさまでした!
G1の予想とクラブ馬主としての記事を掲載してまいります。
次回は皐月賞の予想を予定してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です